これまで、当社で施工させていただいた住宅改修をご紹介します。
施工をするにあたり、ご利用者様の強いこだわりや、身体機能・生活動作に配慮し、また、住宅改修だけにとらわれず福祉用具の活用など十分考慮して幅広い提案を心掛けています。

屋外



縁台が高いため、高さを均等に安全に移動ができるようにステップ台を設置しました。



寝室から直接外出ができるように、モルタルの階段と手すりを設置しました。



安全に移動ができるようスロープ部分に手すりを設置しました。



玄関内まで車いす介助が安全に行えるようにスロープを作製しました。


玄関



上がりかまち部分までが非常に高いため、均等な高さで踏み台を作製し、手すりを設置しました。



玄関の上がりかまちの段差を解消するために玄関に合わせて踏み台を設置しました。



玄関壁への工事が困難なため、上がりかまち部分と床で固定する手すりを設置しました。



奥行が狭く靴を履くスペースを確保するため、三角形の踏み台を設置しました。


ステップ台



玄関の入り口幅が狭く靴を履くスペースがないため、L字型のステップ台を設置しました。



勝手口から屋外へ移動する際、段差も高く、側溝もあり直線では降りられないため、L字型のステップ台を設置しました。



縁側から庭仕事に行く際、ご利用者様は150mm未満の段差を昇降できるという事で、段差を3段にしたL字型ステップ台を設置しました。



玄関の段差が2段式になっていた為、直進昇降ができるように両手すり付ステップ台を設置しました。


トイレ改修


手前の小便器を通り過ぎ、ドアを開け使用されていました。便器までの移動距離の長さ、二重ドアも移動の妨げになっています。



小便器・トイレ内のドアを撤去、洋式便器へ変更。介助スペースもとることができました。


浴室改修


浴室入口の段差解消が必要で、また冬場浴室床の冷たさ、浴室内の寒さにより血圧が上昇する危険があります。



ユニットバスへ取り替えることで浴室入口段差を解消し、浴室床の冷たさ、浴室内の寒さを軽減し安心して入浴できるようになりました。



介護保険を利用して購入できる、直接肌に触れて使用する入浴や排せつに用いる道具を「特定福祉用具」といいます。
特定福祉用具は年間10万円を上限として1割もしくは2割負担で購入することができます。
特定福祉用具販売は、指定事業制で介護保険対象の商品の購入は特定事業者から購入しなければなりません。

特定福祉用具販売までの流れ



介護保険対象の特定福祉用具

介護保険が適用される特定福祉用具は下記の5項目となります。
下記以外の福祉用具については全額自己負担となります。

(1) 腰掛便座
(2) 特殊尿器
(3) 入浴補助用具
(4) 簡易浴槽
(5) 移動用リフトの吊り具部分

お支払方法について

原則として、購入する商品の金額と一旦全額販売店へ支払、後日、お住まいの市町村に9割相当を請求して払い戻しを受ける方法でお支払いただきます。
この方法を「償還払い」といいます。
市町村へ請求する場合には、以下の書類が必要になります。

【必要書類】
・支給申請書
・領収証
・特定福祉用具が必要である理由書
・福祉用具のパンフレットまたは写真
・見積書

※市町村によって必要書類が異なる場合があります。



レンタルは一カ月単位とします。
レンタルは一カ月単位ですが、開始月と終了月のレンタル料は次の通りです。

レンタル開始月のレンタル料は、
  ・契約日がその月の15日以前:一か月分の全額
  ・契約日がその月の16日以降:一カ月分の二分の一の額

レンタル終了月のレンタル料は、
  ・解約日がその月の15日以前:一カ月分の二分の一の額
  ・解約日がその月の16日以降:一か月分の全額

ただし、レンタル開始と終了が同じ月内に行われた場合及び「地域特別加算制度対象地域」のレンタル料は一カ月分全額となります。

  レンタル開始月にレンタル料金利用者負担分を集金させていただきます。
  2ヶ月目以降は原則として郵便局の自動払込申込書を作成させていただきます。
  生活保護の方は、「介護券」が発行されると個人負担の10%が免除となります。
  レンタル商品の購入への切り換えは致しません。
  一定以上お支払いただけない場合は、商品を引き上げさせていただきます。